Columns

喧嘩するほど仲がいい、
に対する異議

喧嘩するカップル

「喧嘩するほど仲がいい」ということわざがありますが、実際のところどうなんでしょうか。喧嘩するというのは、お互いの言いたいことを言い合える証拠ですよね。昔は恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が主流だった時代もあるので、お互いが遠慮し合ってたのでしょう。だからこそ、喧嘩する夫婦を見て、お互いが遠慮なく自分の意見を訴える姿が、仲がいい証拠として捉えられたのだと思います。ただ、遠慮のない関係=仲がいい関係とは別問題と私は思うのです。

喧嘩はそもそも価値観の違いから生じるものだと思っています。価値観が似ていると喧嘩なんて生じないんです。価値観が違うもの同士が近い距離にいるからこそ喧嘩は起こるのだと思います。本来は距離を取るべき存在なのに、長い時間同じ空間にいるから相手の行動や言動に我慢できなくなり文句を言い合うのです。または、片方の愛情が薄れてきたときに、もう片方の想いが強く束縛する形となってしまったときも同様に喧嘩が起きるようです。

そんなこと言ったって、価値観のぴったり合う人を見つけるなんてなかなか難しいことです。ある程度価値観の近い人と付き合うことが大事ですが、埋めきれない価値観の違いに対してどのように対処していくべきなのでしょうか。

相手を愛し、思いやること、そして相手の考えを尊重すること。それに尽きるのだと思います。相手の愛が薄れていっているのが分かっても、ぐっと堪えて束縛はせず、相手を信じてゆっくり待つこと、(そんな寛大な心があれば世の中もっと平和なのでしょうけれど)それでも相手の気持ちが離れてゆく一方であれば潔くお別れした方がいいかもしれません。

喧嘩というものは、心が不安定だから起こる場合もあります。自分のことでいっぱいで、相手を思いやることを忘れ、相手を信じてあげられず、喧嘩へ発展してしまうのです。本当の愛とは、無条件に相手を信じる心から始まるのだと思います。

喧嘩の裏には様々な感情が隠れています。自分のプライドの高さだったり、非力さや間違いを受け入れられなかったり、その人への妬みだったり、実はその人自身が問題を抱えてることがそもそもの原因だったりするんです。そうやって、相手に突っかかって相手も我慢に耐えかねて喧嘩が始まるという流れです。まず、自分自身の中にある乱れた精神を受け入れ、それを周りのせいにしないことが大事だと思います。そして、相手が勘違いしないような配慮も必要ですね。

尊敬し合えるポイントがお互いにあり、それでもって価値観が合って、なんでも素直に話せて、頻繁に相手に愛情を表現し合えるカップルが普遍的な仲だと言えるでしょう。

PageTop