What I am interested in

効率化と仕組み化

100日続けて習慣化「ガチ部」

効率化が好き 毎日繰り返しする作業や日課で少しでも面倒だなと思ったら即工夫して効率的にやれるようにしています。
そしてそれによって時間短縮できた瞬間が好きです。

100日続けて習慣化する「ガチ部」 なかなか習慣化できないけど毎日やったら絶対いいことを仕組み化して習慣化する。 以前、朝活にハマった時期に自分で主催した会で「ガチ部」、100日続けて習慣化するという企画がありました。
小さなことでも毎日続けたいことを決め、私お手製の手書きフォーマットに項目と日付を書き込み、毎日やったらスタンプを捺していくという形です。
それだけだと続かないので、朝活を週1で開催し部活のように集まってお互い何をするかを共有し、その成果を報告し合っていました。
一人で続かなければ、周りの人に宣言し、お互い励まし合いながら続けられるという仕組みです。

似顔絵はんこ集合

似顔絵はんこも一種の仕組み化 当時始めた似顔絵はんこも、当時流行った朝活の場で、「名刺交換をするが顔が覚えられない」という悩みから生まれた商品でした。顔写真を使うのは少し気がひけるけど、似顔絵だったら使いやすい、という方をターゲットに、顔も覚えてもらえるしインパクトが大きい、事業をされている方は顔を覚えてもらえることで更にビジネスチャンスにつながる、という謳い文句で始めました。しかも、名刺に使ってもらうのですから配ってもらうほどどんどん新しい人たちへと広がるのです。そんな仕組み化のおかげで、2年弱で200個以上ご注文を受けました。

ホテル運営時代も効率化と仕組み化 この4年間、仕事でビジネスホテルの運営をやっていましたが、ここでも効率化と仕組み化の能力が生かされました。
誰でも毎日同じことをやっていたらいつかは慣れるんですが、慣れるまでが大変だし、増してや引き継ぎは3日間のみでそれから現場をほぼ一人で任されるんです。
なので、ガチ部時代にやっていたフォーマットに似たチェック表を作って、毎日チェックしながら業務を進めていました。そんな中で、いかに朝食発注を細かく発注してフードロスを少なくするかとか、いかに毎日の室料調整を細かく行って売上を上げるか、そしていかに早く新人を育てるか、というところに毎日注力していました。
なんでも仕組み化してしまえば、それに従って毎日過ごすだけで簡単に効果が現れるものです。気付けばフードロスがかなり減っていて、浮いた経費でグレードアップできてしまったり、売上が昨年対比110%になって維持できていたり、新人がほぼストレスフリーで育ってくれて、「自由にさせてもらえて、とても働きやすい環境」だと喜んでくれたり。

どうやって仕組み化するのか? 私の習慣化のやり方はこんな感じです。忘れがちな項目を毎日見るようにすることから始まります。
毎日目に止まる場所にメモに書いて貼る (忙しくてメモを見れない場合は)やる時間を決めて毎日アラームをセットする できた日はスタンプを押して埋めていく楽しさ故に行動を促進する しやすい環境を整える、必要なものを手の届く範囲に置く [PC]データへアクセスするショートカットを作る 慣れていないことやたまにしかしないことは次するときのためにマニュアルを作る

仕組み化の先に陥りやすい罠 仕組み化されきった生活を送り続けるのはよくない 仕組み化されているということは頭を使わなくなります。
それだけ簡単なのです。習慣化は裏を返せば怖いものです。
考えない日々を送ると、アイデアがどんどん浮かばなくなり、つまらない人生になってしまいます。 結果が出ないことは続けてはいけない 最初は何か効果があると信じて毎日のルーチンに組み込んではみたが、結果が出ているかよくわからない。そんなことをずっと続けていては時間の無駄ですし、世間に置いてきぼりになります。時々振り返って、今の習慣が正しいものかを見直すことも必要です。 決まっていない時間を過ごすことも大事 決まっていない時間を過ごすって、何をするか、いつするか、それをアレンジするのが大変ですよね。毎日それだと大変なんですが、たまにはそんな時間も過ごしてみるのも大事です。今までと違うことをして新しい視野でものごとをみることができたり、新しいアイデアが湧いたり、人間そんな瞬間が長い人生を生きていく上で必要だと思います。

PageTop