What I am interested in

企画 場作り 
人との交流

ガチ部集合写真

2011年より朝の時間を有効に使おうと、「朝活」を始めました。「朝活」とは、朝に活動するという意味で、朝早く起きて運動したり、一日のスケジュールを立てたり、読書したりなど、一人で行うものもありますが、それとは別に、人と集まって何かをする会もあり、私が行なっていたのは後者の方です。

朝活を始めた理由私が朝活を始めた理由は、特に誰かがやっているのをみて楽しそうだからやろうと思ったのではなく、その年の始めに立てた目標に本をたくさん読みたいという項目があったことから、それを達成するために朝の時間を活用して読むのはどうかと考えました。ですが、一人だとだらけてやらなくなってしまいそうだから、という不安もあり緊張感を持って行うために人を集めたもくもく読書会を行おうと思いました。ですが、いざ企画してみると、せっかく集まるなら交流したいという気持ちがより強くなり、では何について話すかを考えた時、朝明るい気持ちで一日を迎えられるよう、「最近始めたこと」「始めようと思っていること」を前向きに共有するというテーマで開くことにしました。その会の名前を「ポジトーク」と名付けました。

こういった朝活の会はテーマ性のあるものとないものがありましたが、その枠を超えて別の会にお邪魔したり、主催者同士でお互いの会を行き合ったりということもしたりする中で、幅広い人と交流をすることができました。

朝の清々しさ 人との交流もとても楽しかったのですが、そもそも朝に活動することの清々しさが気持ちの良いものでした。また、これを一人でやっているより複数名の人と会うことでお互いを承認できるので、より喜びを誰かと分かち合える嬉しさも感じられ、「朝活はいいね!」というような話を朝活仲間とよくしていました。

ポジトークからガチ部へ 朝活を始めて一年近く経ったあたりから、100日理論という言葉を耳にし、それを題材とした「ガチ部」100日続けて習慣化、という会費制の朝活を始め、メンバーは総勢80名まで昇りました。こちらについては別の章「効率化と仕組み化」で話したいと思います。

PageTop