What I am interested in

新しいアイデアを生み出すこと

ブレインストーミング

何かと何かを組み合わせると新しいアイデアが生まれます。
実現可能かは置いておいて、これとこれを掛け合わせたら面白いんじゃないか、そんな想像力を働かせてみるのが好きです。ここでは私が若い頃から今までの間に生み出してきた愉快なアイデアを紹介いたします。

自分たちにしか分からない世界観を作り出していた高校時代 「とぃいへん」 高1の時、学校のコンピューターの授業でタイピングテストがあり、自分の名前すらタイプミスを起こしてしまうことをある日友達に嘆いた。
「『たけだまいこ』って打とうとしたら、tの後のaが抜けて『とぅけだ(tけだ)まいこ』になるねん」
すると友達が、「それは大変やな〜、じゃなくて『とぅいへん』(tいへん)や!」
そんなこんなで始まったとぅいへん隊。

「ティモコ」 Timという先生と自分たちのマイブーム(アワーブーム?)であったキノコを掛け合わせてできたキャラクター。
人の体に生えてくる寄生菌(という設定)。

「スパイピジョン」 鳩の姿をした小型スパイロボット。当時米軍の最新兵器として開発されたプロペラがない反重力装置の小型偵察機が話題だったことから生まれたアイデア。

”Tmbavathi” 「とぅいへん」に続く、京阪線 丹波橋(たんばばし)の新しい読み方。発音練習に効果的。

そんな役に立たないアイデアばかり生み出して遊んでいたら他のクラスの人たちから「不思議ちゃん」と呼ばれていたみたいですが、そういうことはどうでもよいと思っていました。
自分たち独自の世界観を作り上げるのがただただ楽しかったんです。

ブレインストーミング

ポジラボ 朝活でブレーンストーミングをしました。
みんなの
「本で学んだ法則を実践したい」
「◯◯(探検・読書・婚活)したい」
「ここを改善したい」
「こんな◯◯があればいいな」
「生活を便利にしたい」
×
「スキル・できること」

という思いを元にアイデアを出し企画できるものは形にしてしまおうという会です。
いろんな人の知識を共有してアイデアがどんどん生まれました。
実現可能なものから非現実的なものまで。
現代の技術では実現できなくとも、30年後、100年後には可能になっているかもしれません。

ガチ部

ガチ部 ポジラボで頂いた「100日理論」(どんなことであっても、100日連続で真剣に継続すると習慣化され、必ず大きな成果が表れる、というもの)を元に、各々が決めた項目を100日間継続しながら、小学校の夏休みのラジオ体操みたいに、手作りフォーマットにはんこを押して埋めていくという活動を企画し、2012年3月〜1年ほど週1回の朝活「ガチ部」にて行なっていました。朝活ではお互いにやっていることを共有し合い、励まし合うことで一人では達成できないことでも頑張って続けられるという会です。生活習慣改善やダイエット、瞑想などいろんなことを習慣化していました。私もこの会でダイエットを宣言し、3ヶ月で4キロ減を達成することができました。

ガチLibrary

ガチLibrary ガチで読書したい人たちが集まり、一人一冊オススメの本を出し合って、回す順番を決め、回ってきたら3日〜1週間を目処に読んで、ゆうメールで次の人へ送るという仕組みのサークルを企画しました。
専用のアウトプット用のノートも作り、読んだ本のまとめを記録してもらうのに活用していただいていました。次の人が待っているからというプレッシャーで、積ん読になりがちな本を一斉に読めるという特典付きの会です。

将来やりたいカフェのアイデア帳 将来カフェ開業を夢見ています。そこでやりたいいろんな企画のアイデアをリスト化したいと思います。 カフェのご飯は料理教室で作る 作るのがめんどくさくてもお客さんが自由に使えるキッチンがあれば、楽しんでもらいながらカフェご飯も作ってもらえるのではという目論見です(笑) 広告Tシャツを着て走るランナー 走りながら広告費を得られる。一石二鳥なビジネスモデル。 朝はランステ利用可 朝からやってる町の銭湯の隣にカフェを設けたらコラボできるのではないかと思っています。荷物預かりやランニング後の朝カフェなどに使ってもらえればいいかなと。 出会いカフェ出会いを求めやってきた人は大きなテーブルへ御案内、その他、二人掛けテーブルや奥にはお一人様用のカウンターもご用意したい。 価値観合わせMeet up20〜30名の規模でイベントを開き、いろんな質問を用意し、同じ答えを選んだもの同士でおしゃべりできる。それを何度か繰り返し、価値観ぴったりの気の合う仲間を見つけるイベント。 カフェの場でコーヒーミーティング自分のプロフィールを公開できるサービスと融合し、カフェの場を使って新しい人と会ってみることができる。 パンケーキ&セルフトッピング すでにそんなサービスをやっているカフェがあると思いますが、自分でアレンジできるというのは楽しいかも。

PageTop