What I am interested in

ヨガ

自然の中でヨガをする女性

身体を動かすことが好きです。今まで、テニス、バドミントン、水泳、ランニングと様々なスポーツをしてきました。現在はヨガ一本になっています。テニスやランニングと違って日に焼けたり天気に左右されずに続けられ、体の歪みをとったり、筋肉のバランスを均等にしてくれる効果もあるので、身体にとっても非常に良いスポーツといえます。

ヨガを始めたきっかけ 私がヨガを始めたのは、実は大学の就活時代でした。正確には、就活が終わり、東京での仮住まいにあともう2ヶ月ほどいる予定で、内定をもらった企業へアルバイトとして働きながら過ごしていた時期です。ヨガに通ったのはそのうち1ヶ月という短い期間でしたが、週3回のペースで通い続ける中でみるみる体重と体脂肪率が落ちていった記憶があります。なぜそんなに効果が出たのかというと、普通のヨガではなく、ホットヨガであったこと。ホットヨガは、室温38度、湿度60%という環境の中で行うヨガです。大量の汗が流れデトックス効果が非常に高いと言われています。なので、再開するならホットヨガがしたいと思っていました。

とはいえ、ホットヨガとなると費用も月1万3千〜5千が相場で、何かと固定費をカットして貯金に回してしまう私の性質上、毎月の固定費として受け入れられるほどの余裕がなく、あまりお金のかからないテニスやランニングをして過ごしていました。

その後、20代半ばを過ぎた頃から将来のカフェ開業資金のために業務委託で365日休みのないビジネスホテル運営を始めたわけですが、3年目くらいになってお金にも余裕ができてきた頃、仕事以外の空虚な時間を埋める一つの活動として、ホットヨガに通いたいとふと思いたったわけです。

そこで調べてみると、当時住んでいたエリアから徒歩3分という好立地にロイブというホットヨガスタジオがあるのを知り、早速体験レッスンを受け、その日に即入会。最初は様子見で月4回のコースに申し込みましたが、すぐに物足りなくなり、2ヶ月後から通い放題のフリープランに変更しました。そこでの勤務が終了する前の月まで通い詰め、スタジオのインストラクターの皆さんと非常に仲良くなり、最後の日には先生方のあたたかい寄せ書きメッセージを頂いたほどです。(とても嬉しくて今も部屋に飾っています。)

それから東京に戻って来て、家の近くのホットヨガスタジオを探しました。お世話になったロイブに通いたかったのですが、一駅離れてしまい通いづらいというのと、直近で入っていたホテル代行の仕事で都内を住み込みで転々とする予定があったため、同じチェーンならどこの店舗でも通えるというポイントがメリットのLAVAに再入会することにしました。

ヨガの効果 ヨガに通い始めて2ヶ月くらいした頃から、全身が引き締まってきたのを感じました。また、肩凝りは治るまでしばらく時間がかかりましたが、半年くらいで解消しました。
肩凝りの原因は私の場合、普段の姿勢にありました。胸は張っているつもりでしたが、肩が前に入ってしまうタイプの猫背で、肩甲骨が開き、その周りの筋肉が引っ張られ緊張した状態が続いてしまうことが原因でした。これを、普段より肩を後ろに開くように意識し、日々のレッスンの山のポーズ(最後に肩を前から回して後ろに下げる、肩甲骨を近づけるイメージ)を行う度に脳に学習させ、少しずつ肩甲骨が正しい位置へ戻ってきてくれたおかげで、肩凝りを感じなくなりました。

ヨガを始めて1年半後、筋肉で体重は1キロ増加したものの、腹部周りがなんと5センチも細くなっていました。特に食事制限とか全くしていません。ヨガの力、恐るべし。
東京に戻り、食事がシンプルになると体重がスッと1〜2キロ落ちました。2017年の始めに立てた目標値にやっとなれました。なかなか落ちなくて諦めかけていたのに、こんなあとになってようやく達成できるとは、「継続は力なり」ですね。

メンタル面でも良いことが・・ 身体以外にもヨガの恩恵を受けていることに気づきました。ヨガの瞑想は精神を落ち着かせるために効果的とよく言われていますが、それが直接的に関連しているかはわかりません。ですが、「ヨガに通う」という行為が、明らかに私の生活にリズムをつけてくれているんです。何もしないと、今日は何もせずに終わった、という少し自己嫌悪な感じで1日終わってしまいますが、ヨガに行くとそれなりの達成感を得られ、また身体と心に良いことをしたという気持ち良さが多少なりとも得られるのです。
また、たまに憂鬱な気分になって落ち込んでいる時も、ヨガをしている時間は少し気持ちが開放的になります。最後のシャバーサナ(やすらぎのポーズ)でも、頭をまっさらにすることを意識すると、無駄に考え込んだりしなくなり、無になれる気がします。毎回そんなうまくいくわけではないですが、少なからずそう感じられるときもあるんです。

ヨガを続けられている理由 ヨガはその一連の動きの中に、ハードな部分と癒しの部分の両方があることが、飽き性な私でも持続できている大きな理由の一つなのかと思います。そして、何事もバランス。やり過ぎると疲れてしまうので、自分の体力と相談しながら、通える範囲で続けていこうと思っています。
また、将来カフェを開くことができたら、その会場を使って朝ヨガ教室を開くのが密かな野望です。今までお世話になったヨガの先生を講師としてお呼びしたり、自分がそれを務めることもいいかもしれません。

現在、空前のヨガブームですみたいですね。私が中学の頃のヨガのイメージはただただ怪しい何かでしたが(笑)、今では打って変わって「今どきの身近なスポーツ」になっています。
ヨガのアサナー(ポーズ)はどれも身体が柔らかくないとできなさそうなイメージがありますが、レッスンではインストラクターの先生が硬くてもできるポージングを教えてくださるので、できる範囲で行えば大丈夫です。是非、あなたもヨガしてみませんか?

PageTop